スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武豊、ばんえい競馬に初参戦

大柄な輓馬(ばんば)が騎手が乗ったそりを引いてレースを行う帯広競馬場(北海道帯広市)のばんえい競馬に23日、武豊ら日本中央競馬会(JRA)の人気騎手が参加し、詰めかけた大勢のばんえい競馬ファンを沸かせた。

 武騎手らが出場したのはエキシビションレースで、本レースの合間に2つのレースを行った。安藤勝巳騎手や横山典弘騎手ら、以前にばんえい競馬の経験のある騎手もいるが、武騎手は今回が初参戦。午後6時15分すぎ、1回目のエキシビションレースで7歳馬のトマランサーのそりに乗った武騎手は、馬上とは勝手が違うレースに四苦八苦しながら手綱を操っていた。

 レースを終えた武騎手は「難しいけどおもしろい。ただ立っているだけかと思ったら、馬に乗っているのと同じような感覚なんですね。こういったチャンスはなかなかないし、感謝しています」と話していた。


2010年8月23日 産経新聞より抜粋


ばんえい競馬に武豊騎手がエキシビションレースで参戦。。ばんえいファンにはどう映ったのでしょうか?もちろん競馬ファンも興味を持った事でしょうね。
普通の競馬予想でも難しいのに、ばんえい競馬初の騎手はなおさら難しいですよね。

とまぁいろいろ挑戦したことで、ファンやそうでない人もファンになったり、あまり見なかったばんえい競馬を見るようになった人もいることでしょう。
私としてどんどん競馬のファンが増える事は嬉しい事なので、いろいろなことに挑戦してほしいとは思いますね。
これでより盛り上がれば嬉しいです。
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。