スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャーニー出遅れ!首差届かず

第56回オールカマー・G2(26日、中山競馬場、芝2200メートル、良) 11か月ぶりのシンゲン(藤田)が優勝。2着は1番人気のドリームジャーニーだった。

 昨年の宝塚記念、有馬記念馬ドリームジャーニーは、スタートで出遅れ。一瞬、ヒヤッとさせたが、すぐ立て直して、いつも通り中団の後方でジッと待機した。馬群が扇状に広がった4コーナーで大外へ。池添の激しいアクションに応え、シンゲンにグングン迫ったが、首差届かなかった。

 昨年に続く2着。それでも、鞍上は「春よりはだいぶ状態が戻っている。3、4コーナーの反応は、この馬本来のもの。これで反動が出なければ」と次の戦いに望みをつなげた。

 6月の宝塚記念(4着)以来となった秋初戦を見守った池江寿調教師は「自分の競馬はできたからね。春先に出た右前脚の不安が、出なければいい。この後はいつも通り、1回放牧に出して様子を見る」と話した。言葉は慎重だったが、目標の秋の天皇賞へ向け、表情は明るかった。


2010年9月27日 スポーツ報知より

一番人気が結果2着だったのは残念ですね。やはり競馬予想は難しい物です。しかし面白いレース展開だったので良しとします。
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。