スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天皇賞馬サクラユタカオーが老衰で死亡

86年の天皇賞・秋(GI)をレコード勝ちしたサクラユタカオーが23日、老衰のためにけい養先のライディングヒルズ静内(北海道日高郡新ひだか町)で死亡した。28歳だった。



同馬は、父テスコボーイ、母アンジェリカ(その父ネヴァービート)という血統。静内町の藤原牧場で生まれ、84年12月にデビュー。86年天皇賞・秋の他、85年共同通信杯4歳S(GIII)、86年大阪杯(GII)、毎日王冠(GII)などを制している。通算成績は12戦6勝(重賞4勝)。


種牡馬としてもサクラバクシンオー(スプリンターズS-GI・2勝、重賞5勝)やウメノファイバー(オークス-GIなど重賞3勝)、サクラキャンドル(エリザベス女王杯-GIなど重賞3勝)などの活躍馬を残している。



2010年11月24日 競馬ニュースより



とても残念です。これからだったのに・

サクラバクシンオーファンとして、
とても寂しい気持ちになります。

強くてきれいな馬でした。
サクラユタカオーの血統が繁栄していきますように・・・。


ご冥福をお祈り致します。
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。