スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武、ディープ産駒で初V

京都5R 2歳新馬(24日・京都競馬場) 過去2年で、5頭のG1馬が出ている菊花賞当日の京都・芝1800メートルの新馬戦(5R)は、1番人気のダノンバラード(牡2歳、母レディバラード)が直線抜け出して快勝。手綱を執った武豊にとって、ディープインパクト産駒での初Vとなった。

 「特別なものがある」と武が言う勝利は、ディープを育てた池江郎厩舎の管理馬によるものだった。好スタートから4番手で折り合って直線へ。馬場の真ん中へ持ち出されると、余裕の手応えで上がり34秒6を刻み、悠々とゴール板を駆け抜けた。「期待通り。センスを感じたし、強いね」。武は満面の笑みで振り返った。

 08年は、アンライバルド、ブエナビスタ、スリーロールスが激突し、昨年は、ローズキングダム、ヴィクトワールピサがワンツー。振り返った時に“伝説”と呼ばれる新馬戦での勝利に、池江郎調教師は「能力があると信じていたからね。今後のことは、ゆっくり考えるよ」とホッとした表情を浮かべた。「今年も伝説になるといいね」と武。非凡な才能を持つディープ2世の今後に、期待を寄せていた。

2010/10/25 スポーツ報知より
ディープインパクト産駒と武豊騎手は、ファンにはたまらない組み合わせです。今後も競馬ファンを唸らせるのではないでしょうか。ますます競馬予想が面白くなりそうですね。
誰もが思う伝説を是非見せてほしいと思います。
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。